楽天ペイのSuica機能が便利すぎ。楽天ポイントを貯める為に行ったスマホ決済設定

生活にイイ情報

こんにちは ねこの静六です。

先日スマートフォンを機種変更も兼ねて楽天モバイルに変更しました。携帯電話が新しくなったことをきっかけに、普段の買い物を可能な限りスマホ決済にして楽天ポイントが貯まるような設定を考えてみました。今回紹介する設定はおサイフケータイ対応機種に限られます。

今回楽天モバイルで購入した携帯電話は「OPPO Reno3 A」

楽天モバイル公式HPより画像引用

OPPO Reno 3Aは定価39,800円ですが、私の場合は25,000円分のポイント還元が得られる条件だったので購入を決めました。1台購入してとても使い勝手が良かったのでもう一台購入して夫婦共にOPPO Reno 3Aにしてしまいました。お得なキャンペーンを随時開催されています。ご興味のある方は下のリンクから楽天モバイルの公式サイトがのぞけます。

スマホ決済の設定の前に行ったセキュリティ対策。

今回スマホ決済を行うにあたって以下の様なセキュリティ対策を行いました。

  1. スマホのパスワードを解読困難なものに設定
  2. スマホのロック解除に顔認証と指紋認証を導入
  3. アプリの暗号化
  4. セキュリティソフトの導入

1~3はAndroidの設定の所で出来る対策です。

4のセキュリティソフトの導入はノートン360を導入しました。

ノートン公式HPより画像引用

ノートン360は以下の様な機能が特徴です。

  1. セキュリティソフトとして実績が十分
  2. 使い方が簡単
  3. パスワードの安全管理
  4. Wi-Fi 送受信データの暗号化(世界中どこのフリーWi-Fi に接続しても、金融機関が採用する最高クラスの安全性でデータを守ってくれる)

パスワードの管理とWi-Fiデータの暗号化が基本機能に入っているセキュリティソフトが他に無かったので気に入って使用しています。

楽天ポイントをためるのにおススメは楽天ペイ×Suica×楽天Edy!

いよいよキャッシュレス決済の設定です。といっても基本は楽天ペイのアプリから全て導入出来ます!

楽天ペイアプリを導入しクレジットカードと紐づけする
楽天ペイの公式HPより画像引用

楽天ペイはコード表示又はQRコードの読み取りをする事でアプリと紐づけしたクレジットカードから決済できる仕組みです。暗証番号を入力したり、クレジットカードを渡す必要が無いのでセキュリティ的にも私は好んで利用しています。楽天カードを支払元に設定しておくと楽天ペイでの支払いに対して1%の楽天ポイントの還元があります。貯まったポイントも支払いに利用できます。

楽天ペイアプリからSuicaを導入する
楽天ペイの公式HPより画像引用

Suicaの導入は簡単でした。楽天ペイアプリ内のペンギンマークをクリックするとSuica導入のページに進みます。Suicaの利用状況で設定方法は異なりますがアプリ内の案内が丁寧なので迷う事は無いと思います。

上の画像が楽天ペイでのSuicaです。私はSuicaを持っていなかったのですが、5分もかからず設定が終わってしまいました。使用する場合には楽天ペイのSuicaの画面で「チャージ」ボタンを押してチャージします。楽天ペイで設定したクレジットカードからチャージされます。楽天カードからのチャージなら200円につき1ポイントの楽天ポイントがもらえます。これで電車やバス、Suicaで決済できるお店でスマホ・アプリの起動せず、タッチだけで決済出来ます。スマートですね!

楽天ペイアプリから楽天Edyを設定する
楽天Edy公式HPより画像引用

楽天EdyもSuicaと同様にクレジットカード等からチャージして決済利用できるサービスです。設定は楽天ペイのアプリから楽天Edyのアイコンをクリックすると簡単にできます。

楽天Edy公式HPより画像引用

楽天ペイで支払えるのだから楽天Edyは不要かな?って思ったのですが楽天ペイは使用できないが楽天Edyは使用できるお店もあり、楽天Edyも登録しました。上の図のように楽天Edyでの支払いに対しては200円につき1ポイントがもらえ、さらに楽天ポイントの加盟店であれば100円につき1ポイントがもらえます。また、楽天Edyへのチャージ元を楽天カードに設定しておくと200円のチャージにつき楽天ポイント1ポイントもらえます。

以上が今回行ったスマホ決済で楽天ポイントを貯める為の設定です。スマホ決済は時間も大変節約になると思います。忙しい世の中、上手くテクノロジーを利用して時間を作れるといいですね。

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました