真面目なFX。円高が進行中。資金管理の選択肢としてのFXの利用法とFX会社の比較

お役立ち情報

こんにちは ねこの静六です。

今日は資金管理の選択肢としてのFXについて書きたいと思います。

最近はアメリカの異次元の金融緩和があり下のチャートを見るとわかりますが大きな流れでは円高傾向が進んでいます。アメリカ10年債利回りを見てみると1%を回復してきています。バイデン政権下で米長期金利が上昇するというニュースもちらほら見受けられます。そうなるとまた円安へ進みそうですが、どうなるのかは誰にもわかりません。

TradingView提供のドル円チャート

円高時の資金の管理方法は?

円高時の資金の管理方法としては以下様な事があげられると思います。

  • 円高の内にアメリカ株を買い増ししておく
  • 円高の内に円をドルに変換しておき、円安になったらドルを円に戻す

一つ目は単純に円高で安く買えるうちにアメリカ株を購入するという考えです。購入時よりアメリカ株価が下がらないという事が前提になります。

2つ目の円高の内に円をドルに変換しておき、円安になったらドルを円に戻すという事はFXを利用して行えると考えています。

FXは外国為替証拠金取引と言われ、預けたお金を担保にレバレッジを掛けて通貨の売買を行う取引の事です。

FXには良い印象が無い方が多いですが多くは

  • キャンペーンの条件を満たすために無理な取引を増やす
  • 最低〇〇円で始められるという言葉の意味を理解しきれていない

という理由ですぐに相場から退場になる方が多いからだと思います。FX会社が宣伝する最低〇〇円で取引を開始できるというのは取引した時点で、最高倍率25倍のレバレッジが掛かっていて

相撲で言えば土俵際まで追い込まれていて、さらにつま先立ちの状態から相撲を取るようなものです

レバレッジをほとんど利かさずに円でドルを買っておく(円をドルに換えておく)という考えでFXを利用する価値は十分にあります。(強い円安の時には売りから始める事も出来ます)

何故ならFXの場合ドル⇔円への両替手数料がとてつもなく安いからです。

FXではスプレッドという言葉がドル円の両替手数料にあたりますが、両替手数料が一番高いFX会社でも通常1ドルあたり1銭で変換できます。楽天証券で円をドルに為替交換するのに1ドルあたり25銭かかりますのでかなりコストは安くつきます。

多くの方が宣伝しているレバレッジを大きくかけたFXの使い方ではありませんが、外貨へ交換する手段としての利用はとても有用だと思います。折角の仕組みなのできちんと知っておきたいです。

次項で今回有名な4社のFX会社を比較してみました。

最近のレート1ドルを104円と仮定しレバレッジは私がFXをずっと続けていく上で耐えうると考える最高レバレッジの3倍までで取引するために必要な資金も書いてみました。

FX会社4社比較

私の個人の評価を結論から言うと

  • 資金力10万円以下ならSBIネオモバイル証券のFX
  • 資金力10万~100万なら外為オンライン、LINE証券SBIネオモバイル証券
  • 資金力100万円以上なら外為オンライン、LINE証券、DMMFX

という結論になります。

最初に始められるなら資金力が10万円以上ある前提で外為オンラインが良いと思います。FXの勉強の情報が充実している為です。

各会社のスプレッドの差はよっぽどの資金力がある場合とハイレバレッジをかけて取引する場合以外はあまり気にする必要が無いと思います。スプレッド差を気にしている時点でかなりレバレッジのかかったあぶない取引となっているはずです。

では以下で各会社の特徴を書きます。

外為オンラインは初心者から始めやすい。アプリも操作も簡単

外国為替証拠金取引の外為オンライン

外為オンライン

外為オンラインの特徴
  • 口座を開設する前に資料請求が出来る。
  • アプリは使いやすい。
  • アナリストレポートや勉強会などのFXを勉強するための情報が一番充実している。
  • 1000通貨での取引コースと10000通貨での取引コースの二つがある
  • アプリは使いやすい
  • 米ドル/円の最低スプレッドが1銭なので、ハイレバレッジにして秒単位での取引といった取引には向かない。

なんといっても初心者向けでFXを勉強するための情報は一番充実しています。

1ドル104円計算でレバレッジ3倍までで取引するには最低取引単位の1000通貨あたり3万5000円以上の資金が必要です

外為オンラインは以下の公式HPからのぞけます。

外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

LINE FXはLINEツールでの情報提供が便利

LINE証券

LINE証券

LINE FXの特徴
  • LINE機能を使った約定通知や経済指標の通知が便利
  • 時々スプレッド縮小キャンペーンを行っている米ドル/円の最低スプレッドが0.2銭➡0.1銭になったりする時もある
  • 1000通貨からの取引が出来る

1ドル104円計算レバレッジ3倍までで取引するには最低取引単位の1000通貨あたり3万5000円以上の資金が必要です。

LINE証券は以下の公式HPからのぞけます。

LINE証券

LINE証券

DMM FX アプリは軽く使いやすい。経済指標が視覚的に一番見やすい

DMM FX

DMM FX

DMM FXの特徴
  • アプリは軽く使いやすい
  • 経済指標は視覚的にとても見やすい(私は一番見やすかった)
  • 10000通貨単位の取引
  • 米ドル/円の最低スプレッドが0.1銭なのでハイレバレッジで超短期取引の方が使いやすい。

レバレッジ3倍までで取引するには最低取引単位の10000通貨あたり35万円以上の資金が必要です

DMMFX証券は以下の公式HPからのぞけます。

DMM FX

DMM FXは初心者向け

SBIネオモバイル証券のFXは初心者にはわかりやすいシンプルな操作画面

SBIネオモバイル証券(FX)

SBIネオモバイル証券のFXの特徴
  • 最低取引通貨単位が1単位
  • 初心者用のネオモードのアプリはかなり操作がシンプル。上級者はプロモードで無いと物足りないです。(どちらのモードも自由に選べます)
  • 米ドル/円の最低スプレッドは1000通貨単位までは0
  • FX取引に必要なSBIネオモバイル証券は月額220円の取引手数料が掛かる(月間の株式取引約定代金50万以下の場合)ただし、毎月SBIネオモバイル証券内で利用できる固定Tポイントが200ポイントもらえる。

1ドル104円計算でレバレッジ3倍までで取引するには最低取引単位の1通貨あたり35円以上の資金が必要です

SBIネオモバイル証券のFXは以下の公式HPからのぞけます。

SBIネオモバイル証券(FX)

外為オンラインLINE FXDMM FXSBIネオモバイル証券(FX)
最低取引通貨単位1000通貨1000通貨10000通貨1通貨
米ドル/円の
スプレッド
1銭0.2銭0.1銭1000通貨まで0円
1001~10000通貨まで0.2銭
10000通貨以上0.3銭
経済指標やNEWSの見やすさ新聞記事形式のニュース配信(文字が多い)
LINE機能を使った急な為替変動や経済指標の通知
視覚的に見やすい
経済指標などの
データが視覚的にとても見やすい
ネオモードは
ニュース機能なし
プロモードは情報が充実
2021年1月15日時点

どんなサービスも使い方次第

私はFXで大きくレバレッジを掛けた取引は全く良いと思いません。

ただFXというサービスは使い方次第ではとても有益にもなりえます。

ただ単に「投機だ!」と言ってしまうのはあまりにも浅慮だと思います。

みなさんの資産運用に何か役に立つ知識となれば幸いです

今日もありがとうございました。

以前の記事でFXについて詳しく書いています。よかったら覗いてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました