米株投資。グローバルXのETFは全てのアメリカ株投資家に魅力的な商品!

趣味の個別銘柄投資

こんにちは ねこの静六です。

2020年は世界的にコロナ一色の1年でした。来年はワクチンが浸透してコロナが収束する事を期待したいです。アメリカ株式の方は近年まれにみるIPOや中・小型のハイテク株にとって恵まれた1年となりました。テスラ  (TSLA) やズーム(ZM)、スクエア(SQ)など10バガーを達成した銘柄も沢山ありました。将来GAFAMに太刀打ちできる企業が出てきそうな予感すら感じる勢いだったと思います。

そんな勢いのある10バガー候補を探して中型ハイテク株投資を勉強する中、グローバルXのETFがとても魅力的だなと感じるようになりました。今日は中型ハイテク株投資に対するグローバルXの魅力について書きたいと思います。これからアメリカ株投資を始める方やGAFAM以外のアメリカハイテク株に興味のある方にとって面白い内容だと思います。

その前に私が10バガー候補と考えている銘柄を紹介したいと思います。

モトリーフール

私が投資する10バガー候補の中型アメリカ株

私が所有しているアメリカ株で10バガー候補になりえる思っているものが主に以下の7銘柄です。

  • アピアン(APPN)
  • オクタ(OKTA)
  • クラウドストライク(CRWD) 
  • ピンタレスト  (PINS) 
  • ビリビリ(BILI)
  • ファイバーインターナショナル (FVRR)  
  • レモネード  (LMND)  
  • グッドアールエックス(GDRX)➡これは底値で買えたので一応候補ですが、他の7銘柄よりは自信なし

(完全に私個人の見解です)

全て有名な企業ばかりです。この中でも一番私が好きな銘柄クラウドストライクについては以前のブロブで紹介させていただきました。

グローバルXのETFとアメリカのNASDAQ100、SP500、VGTを比較

グローバルXのETF3種類とアメリカを代表する株価指数や超優秀情報セクターETFのVGTとの成績を今回比較してみました。

TradingView提供のチャート

チャートの構成銘柄は以下の様になっています。2020年1月からのパフォーマンスも一緒に書きます。SP500への長期積立投資が投資の最適解の一つと言われる中においてHERO、BUG、FINXのパフォーマンスは凄まじいものがあります。

  • HERO:グローバルX ヒーローズ(ゲーム&eスポーツ)ETF 2020年1月から91.62%⇧
  • BUG:グローバルX サイバーセキュリティ ETF 2020年1月から70.16%⇧
  • FINX:グローバルX フィンテック ETF 2020年1月から54.07%⇧
  • NSDAQ100:ナスダックに上場する、金融銘柄を除いた時価総額上位100銘柄の時価総額加重平均によって算出される株価指数 2020年1月から47.48%⇧
  • SP500ニューヨーク証券取引所、NYSE MKT、NASDAQに上場している銘柄から代表的な500銘柄の時価総額加重平均によって算出される株価指数 2020年1月から15.86%⇧
  • VGT:バンガード・米国情報技術セクター ETFで日本でも大変人気があります。VGTの構成銘柄トップ10は2020年11月末時点でアップル、マイクロソフト、ビザ、エヌビディア、マスターカード、ペイパル、アバブ、セールスフォース、インテル、シスコシステムズとなっています。 2020年1月から44.76%

以下では今回挙げたグローバルXのETF3種類の特徴を見たいと思います。

HERO:グローバルX ヒーローズ(ゲーム&eスポーツ)ETF

グローバルXのHEROのファクトシートより

ビデオゲームやEスポーツの人気の高まりによって恩恵を受ける企業への投資によ
り、高い潜在成長力へのアクセスを可能にし、従来の業種やビジネスにとらわれず、新しいテーマを追い求ると書かれています。

HEROのファンドの概要

  • ファンド概要(2020年12月29日時点)
  • 設定日 2019年10月25日
  • 保有銘柄数 40
  • 運用資産残高 $569.82 mil(約587億円)
  • 総経費率 0.50%
  • 分配頻度 年2回 (2020年12月30日 $0.206872 配当利回り1.32%)
  • 年率リターン 過去1年82.04%(2020年11月30日)
  • 株価 31.33ドル(2020年12月30日)

HEROの構成銘柄TOP10(全40銘柄)

比率ティッカーシンボル銘柄名
7.97SEシーリミテッド
6.809BILIビリビリ
6.67974 JP任天堂
5.86NVDAエヌビディア
5.362ATVIアクティビジョン・ブリザード
5.0119697 JPカプコン
4.8113659 JPニクソン
4.714NTESネットイース
4.693EAエレクトロニック・アーツ
4.653TTWOテイクツー・インタラクティブ

日本人アメリカ株投資家にも大人気のシーリミテッドを始め、私も所有しているビリビリ、その他日本のゲームソフト会社が3社も入っていてとても面白い銘柄だと思います。コロナウイルスの影響もあって、2020年は一気にゲームの市場規模が拡大しました。異常ともいえるくらいの驚異的な成長は今後も続くかはわかりませんが、毎年ゲーム市場は大きくなっている事、また一度ゲームの世界に入った方が急にはやめないので、今後も成長は続くと思っています。構成銘柄を40程度と分散しすぎていない点も私は気に入っています。

BUG:グローバルX サイバーセキュリティ ETF

グローバルXのBUGのファクトシートより

サイバーセキュリティ技術の広がりにより利益を受け得る企業への投資により、
高い潜在成長力へのアクセスを可能にし、従来の業種やビジネスにとらわれず、新しいテーマを追い求めると書かれています。

BUGのファンドの概要

  • ファンド概要(2020年12月29日時点)
  • 設定日 2019年10月25日
  • 保有銘柄数 28
  • 運用資産残高 $167.77 mil(約173億円)
  • 総経費率 0.60%
  • 分配頻度 年2回 (2020年12月30日 $0.023707 配当利回り0.07%)
  • 年率リターン 過去1年44.74%(2020年11月30日)
  • 株価 28.28ドル(2020年12月30日)

BUGの構成銘柄中のTOP10(全28銘柄)

比率ティッカーシンボル銘柄名
7.179CRWDクラウドストライク
7.064PANWパロアルトネットワークス
6.387ZSゼットスケーラー
5.985FTNTフォーティネット
5.435OKTAオクタ
5.394CHKPチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
5.386FEYEファイア・アイ
5.347CYBRサイバーアーク・ソフトウェア
4.892PFPTプルーフポイント
4.746TENBテナブル・ホ―ルディングス

私の10バガー候補のクラウドストライクやオクタを始め、安定成長の印象があるチェックポイント、大塚商会や日立ソリューションも販売しているパロアルトなど、気になる銘柄ばかりです。サイバーアークは特権アカウントの保護に特化したイスラエルのソフトウェア会社です。セキュリティー関連の銘柄は今もこれからもものすごく熱いテーマです。BUGは28銘柄とETFにしては銘柄を絞っているので、個別銘柄を購入する事による暴落リスクを抑えつつもかなりのリターンを狙っていけるETFだと思っています。

FINX:グローバルX フィンテック ETF

グローバルXのFINXのファクトシートより

金融サービスの破壊、向上をもたらすイノベーションを引き起こす企業への投資
により、高い潜在成長力へのアクセスを可能にし、従来の業種やビジネスにとらわれず、新しいテーマを追い求めると書かれています。

FINXのファンドの概要

  • ファンド概要(2020年12月29日時点)
  • 設定日 2016年9月12日
  • 保有銘柄数 33
  • 運用資産残高 $1022.08 mil(1052億円)
  • 総経費率 0.68%
  • 分配頻度 年2回 (2020年12月30日 分配金なし)
  • 年率リターン 過去1年40.20%、設定来28.12%(2020年11月30日)
  • 株価 46.63ドル(2020年12月30日)

FINXの構成銘柄TOP10(全33銘柄)

比率ティッカーシンボル銘柄名
8.571SQスクエア
7.244APT AUアフターペイ
6.776ADYEN NAアディエン
6.413STNEストーン
5.663PYPLペイパル
5.657XRO AUゼロ
5.376INTUイントゥイット
4.63BILLビルドットコム・ホールディングス
4.617FISVファイサーブ
4.251FISフィデリティナショナル・ファイナンシャル

スクエア、ストーン、ペイパルは日本人アメリカ株投資家にも人気銘柄です。スクエアの決済サービスは日本でもかなり浸透しています。また、最近ビットコインにも投資した事が話題になりました。

アフターペイはオーストラリアで有名な決済サービスです。オランダが本社のアディエンはバスボムやハンドクリームを販売するLUSHとPOSシステムの開発をしているニュースが取り上げられました。

破壊的イノベーションを生みだし続けているフィンテック企業の進化はまだまだこれからも続きそうです。

グローバルXのETFは新しいアメリカ株投資の選択肢

以上3つのグローバルXのETFを紹介してみました。

他社のETF商品と比較してグローバルXのETFは以下の様な特徴があると思います。

  • 採用銘柄数が他社のETF商品に比べてかなり少なめ。分散が効きすぎていないので個別株感覚に近い感覚で購入でき、今までのETFより大きなリターンも狙える。
  • アメリカ以外の株式もきちんと投資対象として加えている。
  • 運用開始日が老舗のETFに比べるとかなり若いので1株当たり5000円以下位で投資できる
  • GAFAM銘柄があまり含まれていない

アメリカ個別株投資家の方や王道のSP500やVTなどの全世界株式投資に加えて少しの刺激あるスパイスが欲しい方にとって良い選択肢の一つになると思います。是非一度チェックしてみてくださいね。

GLOBAL Xのホームページ➡https://globalxetfs.co.jp/index.html


GLOBALXのETFをはじめ、アメリカ株の購入に私は楽天証券を利用しています。楽天証券はサイトの作りが優秀なのでとてもわかりやすく取引出来ます。また手数料も業界最安値水準でとてもおすすめ出来ます!下のリンクから楽天証券のHPがのぞけます。

楽天証券


アメリカ株の一次情報を手に入れるならばモトリーフールがおすすめです。モトリーフールのサイトだけでもアメリカ株の最先端の勉強になりますが、メルマガに登録すればさらに詳しいとっておきのレポートが読めます。登録はメールアドレスのみなのでそれ以上の個人情報は必要ないですし一切費用もかかりません。

下のリンクからメルマガに登録出来ます。アメリカ株投資の強い味方になってくれますよ。

モトリーフール


少しでも良い投資の役に立てば幸いです。

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました