処方箋を調剤薬局に出す時間で費用が変わる!

健康にイイ情報

こんにちは ねこの静六です。

今日は患者さんから「いつもと同じ薬なのに今日はなんで高いの?」という質問をいただいた際に説明する事の多い「夜間・休日等加算」400円について書きたいと思います。少し知っていただくと加算の費用がかからない様にすることもできます。

まず夜間・休日等加算がかかるのは薬局営業時間内における下記の曜日の青色の時間帯となります。

平日月曜日~金曜日の8時までと19時以降

土曜日の8時までと13時以降

日祝日、年末年始12/29~1/3日の終日

ここでのポイントは処方箋を調剤薬局に出す時間で夜間・休日等加算が決まるという事です。ですので、時間に余裕のある患者さんは夜間・休日等加算のかかる時間帯を避けて処方箋の有効期限内に調剤薬局に出して受付していただくことをお勧めします。また、一度夜間・休日等加算がかからない時間帯に受付してしまえば、薬を受け取る時間には影響しません。

調剤薬局の会計はわかりにくい費用が多いため、少しでも丁寧に説明し、知っていただければと思います。

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました