マスクの性能を発揮するには?マスクについて知ろう!

健康にイイ情報

こんにちは ねこの静六です。

コロナ禍の中、マスクをする習慣はもうすっかり定着しました。薬局やインターネットではPFE証明書付きとかN99フィルター搭載などマスクのフィルターに関する色々な説明が書かれて販売されていますが、私はこのフィルターの説明だけが前面に出すぎていて説明通りの十分な効果が期待できないマスクが沢山売られているように思います。私がそのように考える理由を書いてみようと思います。

まず、マスクフィルターの性能でよく記載されている下記の言葉についてまとめてみます。

PFE、BFE、VFE、N95、N99

PFE 微粒子ろ過効率

約0.1㎛の大きさの粒子をどれくらいろ過(ブロック)できるかという事を示しています。PFE95なら95%、PFE98%なら98%ろ過(ブロック)できる事を示しています。

BFE バクテリアろ過効率

細菌を含む約3μmの粒子をどれくらいろ過(ブロック)できるかという事を示しています。BFE95%であれば95%ろ過(ブロック)できる事を示しています。

VFE ウィルスろ過効率

ウィルスの含まれた粒子(約0.1㎛~5.0㎛)がどれくらいろ過(ブロック)できるかという事をを示しています。VFE95%であれば95%ろ過(ブロック)できることを示しています。

N95、N99

アメリカの国立労働安全衛生研究所(NIOSH)規格で用いる試験粒子空力学的質量径で約0.3µmの粒子を95%ろ過(ブロック)出来ることを示しています。N99であれば99%ろ過(ブロック)出来ることを示しています。

フィルターの性能は凄そうだが・・・

細かい数値が色々でてきて、なんとなく凄い良いフィルターなんだな?という感じがします。しかし、これらのろ過(ブロック)の成績は粒子を含む空気が漏れなくすべてフィルターを通した際の成績であり、マスクの横から漏れる空気などは全く加味していないという事です。

マスクの用途は大きく2つ

通常のサージカルマスクは主に人に感染を広げないために使用するマスク(現在は自分が感染しないためにも使用するようにはなっているが)

きちんとフィットした高機能のフィルターマスクは自分が感染しないように使用するマスク

といった用途にわかれると思います。

私が考える事

病院勤務の頃に院内感染対策に携わっていた私はN95マスクをきちんと使用する院内研修を行いました。病院で勤めている方であればN95マスク=結核などの空気感染症対応のマスクと認知されています。このN95マスクを着けた状態で甘い「サッカリンという物質の」スプレーを噴霧し、甘みを感じないようにマスクがフィット出来ているかというフィットテストをしたのですが、甘みを感じてしまう方も多く、きちんと自分に合わせないとフィット出来ていない事がわかりました。ですので、サージカルマスクのような横から空気が漏れてしまうようなマスクにいくら高機能のフィルターを使用しても相手のエアロゾルが自分に届いてしまう密な状況ではマスクの横からの隙間から入り込むためフィルターの効果が十分に得られないという事になります。

マスクの性能にこだわりすぎずにやはり3密を避ける事、手洗い・うがいをしっかり行う事が対策としてはより重要だと思います。

今日もありがとうございました。

フィットテストの様子がYOUTUBEにあったのでリンク貼ってみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました