土作りの勉強。土壌改良から始める一からの家庭菜園

家庭菜園土づくりの知識

こんにちは ねこの静六です

2020年9月1日から市営の貸農園を借りることになりました。いままでは自宅だけで家庭菜園を楽しんでいましたがこれからは貸農園でも野菜作りを楽しみたいと思っています。今日は貸農園の始め土づくりについて書きたいと思います。

私が借りた貸農園は?

私が借りたのは市営の貸農園で誰かが契約を中止すると新たな借主の募集が広報で行われます。普段じっくりと広報なんて読まないのですが、妻が見つけてくれました。広報にはお得な情報載っているようです。

借りた貸農園の情報
  • 年間料金1万円でJAが仲介してくれています(安い)
  • 水道設備完備で使用制限なし
  • 広さ20㎡(それほど広くない)
  • 以前の借主が何をどんな野菜を育てていたのかは不明

土づくりの基礎、苦土石灰と堆肥を使用する

貸農園などで以前に何の野菜が植わっていたかわからない場合、連作や病気を出来るだけ防ぐためしっかりと土作りする事が必要です。

土づくりの手順

土づくりの手順
  1. 苦土石灰を1㎡あたり100g~150g散布ししっかり耕す。20㎡の貸農園なので、苦土石灰2Kg~3Kgその後1~2週間放置
  2. 苦土石灰をまいて1~2週間たったら、堆肥をまいてしっかり耕す。今回はバーク堆肥+牛糞堆肥の混合商品で試す。1㎡あたり2Kg~4Kgで使用する

初めての貸農園だったので、標準的な土づくりを行いましたが、実は借りた土地が水はけの悪い土地だったため、後日土壌改良を行いました。土づくりの前に土の状態のチェックから始めた方が良いです。土の状態チェック方法は以下のブログで書いています。

苦土石灰は苦土(マグネシウム)と石灰(カルシウム)が入ったアルカリ性の土壌改良肥料

  • 苦土(マグネシウム)は葉緑素のもとで酵素反応の活性化や地中のリンを引っ張り植物に吸収されるように促進する作用がある。
  • 石灰(カルシウム)は根の伸長させる、炭水化物を実に移動させる、細胞壁を強くする、低温・乾燥・病原菌のストレスに強くする作用がある。

土壌をアルカリにするだけでなく必要な栄養素です。

堆肥の種類と特徴

堆肥の種類と特徴

最近の日本はとても暑いので断熱効果が期待できるバーク堆肥に牛糞堆肥をミックスしたものを試してみる事にします。

20㎡ですがかなり耕すのは大変でした。農家の人ってすごいですね。

土づくりの基本はここまでです。貸農園へは毎日は行けないので待ち遠しいですが、少しづつ上手に野菜作り出来ればと思います。植付けなどしたらまた更新します。

今日もありがとうございました。


鍬はステンレス柄がステンレス製のものが軽くて使いやすいです。


肥料の事をやさしい絵で楽しく学べる書籍です。かなり面白く、知識がつきおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました