土作りの勉強。土壌酸度計を使って家庭菜園に最適な酸度調整を行う。

土壌酸度計土づくりの知識

こんにちは ねこの静六です。

今日は土壌の酸度について書きたいと思います。

ずっと欲しかった土壌酸度計をとうとう購入しました。

使ってみると意外と同じ土壌付近でも酸度に差がある事がわかりました。

とても面白かったので是非紹介したいと思います。

土壌の酸性度を示すpHとは?

土壌の酸性度はpH(水素イオン濃度指数)という0~14の数値で表されます。

水素イオンが増えると土壌は酸性になり、水素イオンが少ないとアルカリ性になります。

    酸性      中性      アルカリ性   
pH0~pH6.9pH7pH7.1~pH14

土壌中に水素イオンが増える主な要因は以下の2つが挙げられます

  • 雨(酸性雨)に含まれる水素イオン
  • 植物の根が土壌中のアンモニウム窒素やカリウム、マグネシウム、カルシウムといった肥料を吸収する際に水素イオンを放出する

一般的に多くの作物はpH5.5~6.5位の弱酸性を好むとされていますが、植物や野菜の種類によってはより酸性やアルカリ性を好む植物も存在します。

  酸性の土壌を好む作物例(pH)   中性から弱アルカリ性の土壌を好む作物例(pH) 
コマツナ 5.2~6.0
バレイショ 4.5~6.0
お茶 4.5~6.5
ラッカセイ 5.3~6.6
クリ 5.0~6.0
ブルーベリー 4.5~5.3
モモ 5.2~6.3
ラン 5.2~6.0
アカマツ 4.5~5.5
ローズマリー5.0~6.0
アスパラガス 6.0~8.0
ホウレンソウ 6.0~7.5
エンドウ豆 6.0~7.5
ビーツ 6.0~7.5
アルファルファ 7.3~8.1
マジョラム 6.0~8.0
ミント 7.0~8.0
レンギョウ 6.0~8.0
クロッカス 6.0~8.0
ヒアシンス 6.5~7.5

ブルーベリーが酸性好きは有名ですが、ミントやマジョラム、アスパラガスがアルカリ性を好むことは知りませんでした。

酸性が強すぎても、アルカリ性が強すぎてもダメな理由は?

酸性が強いと野菜の根が傷んだり、リン肥料が吸収しにくくなる。ハクサイなどでは根こぶ病が出やすくなる。

アルカリ性が強いとマンガン、亜鉛、マグネシウムや鉄などの植物に必要な微量要素の吸収が悪くなる。また、石灰や苦土の過剰なアルカリ性土壌ではアンモニア性窒素が保肥出来なくなる。

以上の事から植物に適するpHに整えてあげる事が必要になります。

今回購入したタケムラの土壌酸度計(DM-13)

今回使用した酸度計は起電式土壌酸度計と言われるものです。

先端の電極部分が土壌中の水素イオンによって起電し指針を作動させる仕組みで、電池が不要のタイプです。

土壌酸度計
測定手順
  1. 土壌に水分が無いと測定できないので、測定する土壌に潅水して土中によく水がしみ込んだ状態にする。(土壌を手で握って軽く固まる位が丁度良い水分)
  2. 金属の電極部分をナイロンたわしや研磨剤で磨く。
  3. 土が電極部にしっかりと密着するように土中に差し込む。金属の電極部分が全て埋まるまで差し込む。
  4. 電極を土中に挿入後30秒程して指針が安定したら数値を読み取る。
  5. 接触する土の成分や、挿入する数値が変化するので5~6回測定してその平均値を求める。

以下の理由でタケムラの土壌酸度計を購入しました。

  • 電池が不要
  • 測定時間が30秒と早い
  • 土壌に差し込む部分が頑丈(棒状の細い製品は曲がったりするのがするのが怖かった)

自宅の花壇で土壌酸度計を使用してみた

今回行った酸度測定の基礎情報
  • 測定日2021年2月18日
  • 場所:苦土石灰を大体年に2回位均等に撒いている自宅の花壇
  • 天気曇り
  • 測定地点:上の画像でヤブコウジ(赤)、クリスマスローズ(黄)、アジュガ(青)の近くと何も植わっていない場所(紫)の4地点
  • 使用した酸度測定器:タケムラの土壌酸度計(DM-13)

土壌酸度計での測定結果。思いの他バラバラな結果に

先ほどの画像で赤〇のヤブコウジのあたりです。5回測定してpH平均6.5位でした。

土壌酸度測定計

先ほどの画像で黄〇のクリスマスローズのあたりです。5回測定してpH平均5.2位でした。

土壌酸度測定計

先ほどの画像で紫〇の何も植わっていないあたりです。5回測定してpH平均7.2位でした。

土壌酸度測定計

先ほどの画像で青〇のアジュガのあたりです。5回測定してpH平均7位でした。

2mの長さの花壇内でもかなりpHが異なっていた。

今回酸度計を使用して花壇の左側からpH6.5➡pH5.2➡pH7.2➡pH7の結果でした。

同じように苦土石灰をまいていてもpHに結構差がある事は面白い発見でした。クリスマスローズ付近のpH5.2は低すぎなのですぐに石灰を施しました。成長期で肥料をよく吸ったため酸性化に傾いていたのかもしれません。

一般的な土壌pH調整方法

pHを1上げる(アルカリ化)には?

1㎡(深さ10cm)あたり消石灰100g又は苦土石灰150gを目安に土壌に混ぜ込み酸度調整する。

粘土質が強くなると緩衝作用が働くため(pHの変化が起こりにくい)、2倍以上の石灰が必要になる事もあります。

pHを1下げる(酸性化)には?

酸度無調整(pH4前後)のピートモスで調整します。土の量の3割くらいでpH1下がると書かれている書籍もあります。ですがピートモスのpHは商品によって差があるため、使用量は土壌酸度計で測りながら調整する方が良いと思います。私は紫陽花を青くするためにピートモスをよく使いましたが、保水性がかなり上がってしまうのでその点は注意が必要と思います。

土壌酸度計は実験の様な感覚で使用して植物の土壌環境を整える事が出来るのでとても面白いです!

これで健康で美味しい野菜が出来れば最高ですね。

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました