投資思考。資産形成の投資と趣味の投資。SPYDの配当金報告と単元未満株での宝くじ感覚の楽しむ投資

インデックス投資

こんにちは ねこの静六です。

今日は資産形成の投資と趣味の投資について書きたいと思います。過去の記事にも書いたことがあるのですが、私は資産形成は主にETFで行っています。VOO(SP500)メインで、HDV、SPYD、QQQといったETFを多く持っています。今回SPYDの配当金をもらいました。

SPYDの配当金は?

  • SPYD:正式名称SPDR® ポートフォリオ S&P 500® 高配当株式 ETF
  • 現在値:27.23ドル 9/29日現在
  • 私の取得単価 26.1962ドル
  • 配当金218.8ドル 9/25日
  • 私の平均取得単価からの配当利回り 年4%(9月の減配時の配当金数値で計算)

コロナ禍で大きく下がってからもSPYDを買付していたので取得単価が抑えられ、結果的に配当利回りはまずまずでした。

高配当株の投資方針と投資意義

SPYDについてYoutubeやTwitterなどで組み入れ銘柄がどう変わっただとか詳しく解説されていますが、私はあまり意味が無いと思っています。何故ならETFは個別銘柄の分析をしなくてよい事がメリットでそれに信託報酬を払っているのですから。

SPYD、HDV、VYMなどの高配当ETFは配当利回りでの評価が一番大事です。私の場合高配当ETFに関して売却の検討をするのは

  • 配当利回りが当初の期待より継続して下がっている
  • ETFの純資産が大きく減って継続運営が困難

といった理由の時だけにしています。高配当株は私にとって人の意志に無関係な強制的な利益確定としての意味で大切な武器になっています。VOO、QQQなどの成長株ETFが下げた場合でも気持ち的にかなり健康でいられます。

趣味の投資で単元未満株(プチ株)を購入も面白い

私はETF投資だけでは面白みに欠けるので、私は趣味の投資として単元未満株(プチ株)で宝くじ銘柄を探して投資しています。

単元未満株式とは、銘柄ごとに決められている最低売買単位である1単元の株数に満たない株式のことです。

仮に任天堂の株であれば1単元が100株なので603万5000円ものお金が必要ですが、単元未満株を購入できる証券会社で単元未満株を買うと1株を6万3500円で購入できます。

私が感じている単元未満株購入ののメリットは

  • 予算が20万円位でも、何種類もの会社の株を購入でき、リスク分散しやすい
  • 買える会社の幅が広がる。20万の予算であれば大抵の会社の単元未満株は買える
  • リスクとリターンが大きい会社に小額で投資できる

といった部分だと思います。

通常の資産運用は固くETFで投資して、趣味としてリターンが大きく狙える株に小額投資するといった楽しみ方も投資を続けていく上で良いと思います。

ちなみに私は

  • サイバーセキュリティークラウド(4493)
  • アンリツ(6754)
  • コムチュア(3844)
  • ヴィッツ(4440)

といった自動運転・5G・ITソリューション・デジタル庁関連銘柄の単元未満株を保有しています。

ヴィッツに関しては3か月弱で2倍以上の株価になったのでかなりうれしいです!

単元未満株を始めてみようと思われた方にはSBIネオモバイル証券がおすすめです。



SBIネオモバイル証券のメリット

  • 現金が無くてもTポイントを使って株式投資が出来る。
  • 東京証券取引所の上場銘柄の単元未満株を買える。
  • 1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下であれば月額取引手数料税込み220円で取引放題で、またSBIネオモバイル証券での使用限定ですが株式投資に使える期間固定Tポイント200PT分が毎月もらえます。取引手数料220円かかってもポイント200PTもらえればかなり助かりますね。
  • 頻度は多くないが1株IPOも実施されている。大体IPOは100株20万~30万円程度が多いですが、1株なら2000円~3000円程度でもIPOに参加できる可能性があります

SBIモバイル証券のデメリット

  • 毎月200円の利用料金がかかる(一時停止手続きにより、サービスの利用を一時停止することができる)
  • NISAには対応していない
  • 海外株の取り扱いが無い

NISA口座を使って行う手堅い資産形成とは別で、趣味の投資として10バガー候補などの宝くじ銘柄単元未満株だと最小限の資金で試せますし楽しいですよ。是非楽しみながら長期的な目線で資産形成をしていきたいですね。下はネオモバイル証券のリンクです。



きょうもありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました