シュンギク(キクナ)と鶏のチーズ焼き。シュンギク(キクナ)とチーズは最高の組み合わせ!

菜園料理

こんにちは ねこの静六です。

今回は貸農園で収穫したシュンギク(キクナ)を使った料理を紹介したいと思います。シュンギク(キクナ)とチーズの相性がとても良く、美味しかったのでお勧めです。

材料

シュンギク(キクナ)と鶏のチーズ焼き 材料(2人分)
  • シュンギク(キクナ)100g
  • 鶏もも 1枚
  • ミックスチーズ 適量(好きなだけ)
  • にんにく 1片
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 黒コショウ 少々
  • 塩 少々

お好みでキノコ(エリンギ等)を入れても美味しいです。

作り方

シュンギク(キクナ)と鶏のチーズ焼き 作り方
  • シュンギク(キクナ)を4cm程の大きさに切る。
    鶏モモは一口大に切る。
    にんにくは薄切りする。

    ※キノコも入れる場合は適当に食べやすい大きさに切る
  • フライパンにオリーブオイルを入れてにんにくを熱し、鶏ももを炒める。
    その後シュンギク(キクナ)とキノコを入れて軽く炒める。
    全体に火が通ったら、塩コショウする。
  • ②を耐熱皿に入れてチーズをのせオーブン(240℃、10分位)でチーズに焦げ目がつく位焼き上げる。
    焼きあがったらコショウを少しまぶして完成

②にすでに火が通っているので③の工程ではチーズに美味しい焦げ目がつけばOKです。

シュンギク(キクナ)は香りが良くチーズとの相性が抜群

シュンギク(キクナ)は薬膳としてはストレスや胃の不調に利用されています。消化器の機能を活発にし、気持ちの安定に関わる体内ホルモンのセロトニンの材料を多く含むチーズとの相性もよくとても美味しかったです。

作物としては「摘み取り」と言って育った茎を摘み取って株を残しておけば何度も収穫できるお得な野菜です!

シュンギク(キクナ)おすすめです!是非一度作ってみてくださいね!

「タキイのきわめ中葉春菊」は摘み取り収穫品種で、寒さに強く低温伸長性に優れていて簡単に栽培できます。秋まきで品種を迷うならこれが一番良いと思います。株ごとの収穫もできます。

今回は大葉春菊で栽培をしてみました。こちらも摘み取り、株ごとどちらでも収穫できます。暑い時期はきわめ中葉春菊より育てやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました