2021年6月更新。私が2021年に勝負するアメリカハイテク銘柄

アメリカ株趣味の個別銘柄投資

こんにちは ねこの静六です。

昨年末、私が2021年に勝負するアメリカハイテク投資銘柄をツイートしました。

アメリカ株やこれからの株式トレンドについて時々ツイートしています。読んでみて面白そうだったらフォローしてあげてください。よろしくお願いします。

以降、株価やニュースを確認しながらリバランスを月に1回程度行っています。6月の投資内容と検討した事を書きたいと思います。

2021年6月現在の勝負する10銘柄と購入単価は?

購入単価と現在の株価は以下の様になっています。ハイテク株10銘柄の入れ替えや売買は今回行っていません。取り消し線の株価は先月5/19日時点の株価です。

銘柄名1株あたりの
平均取得単価
 2021年6月12日現在  
1株の株価
2021年売買歴
クラウドストライク(CRWD)140.41ドル196.78ドル
231.27ドル
ファイバーインターナショナル(FVRR)212.99ドル171.07ドル
205.39ドル
ピンタレスト(PINS)49.3ドル58.28ドル
68.18ドル
エヌビディア(NVIDIA)546.615ドル560.63ドル
713.01ドル
レモネード(LMND)102ドル➡83.5ドル73.87ドル
106.17ドル
スキルズ(SKLZ)18.62ドル16.33ドル
21.48ドル
ズーム(ZM)352.18ドル252.45ドル
366.40ドル
アクティビジョン・ブリザード(ATVI)89.5ドル91.60 ドル
98.15ドル
ペイパル(PYPL)245ドル243.21ドル
271.45ドル
インピンジ(PI)53ドル46.67ドル
49.79ドル

コロナワクチンにより強いアメリカ経済が戻りつつある状況を受け、2021年5月頃からFRBによるテーパリング(量的金融緩和の縮小)開始時期についてアナリストの見解が多く聞かれるようになりました。それに伴い、高PERのハイテク株が売られる展開が続いていました。

しかし6月の雇用統計では非農業部門雇用者数が予想を下回るなど、微妙な結果であった事もあり、直近では高PERのハイテク株に再度買いが入っている状況です。

私の保有するハイテク株10銘柄も大きく値を戻し、ファイバーインターナショナル(FVRR)とインピンジ(PI)以外は含み益が出ています。

先月、時価が大きくなったエヌビディア(NVIDA)を一部売却してレモネード(LMND)をナンピン買い後に株価が上昇してきたので含み益がかなり増えました。

以上の結果、今月は全資産に占めるハイテク株10銘柄の時価総額合計の割合が10%を超えてしまったので、ハイテク株には追加投資せず高配当ETFのHDVに6月分の全投資資金をあてて、全資産のリバランスを行いました。

高配当ETFについてはVYM、HDV、SPYDの3つをほぼ同額ずつ保有しているのですが、この中でHDVが直近数カ月では一番株価パフォーマンスが悪かったのでHDVを選びました。

6月15日~のFOMCに注目しています!

アメリカ 5月の消費者物価は前年同月比5%上昇でした。これは12年9か月ぶりの高水準です。このことを受けて6月15日から開かれるFOMCでテーパリングの話題が出るかどうかに皆注目しています。テーパリング議論が出て、ハイテク株が下落する事があれば、追加投資の良い機会だと思っています。

今後の10銘柄の投資方針

来月までに新たにアドビ(ADBE)又はジンガ(ZNGA)をポートフォリオに組み入れる検討をしています。その際ポートフォリオから脱落する銘柄はインピンジ(PI)かズーム(ZM)にしようかと思っています。

投資の基本方針
  • 年間7%以上の利益を生み出さないと判断した時は売却
  • よりよい銘柄を見つけた時は売却
  • 直近の株価から40%以上下落するものが出た場合は売却
  • 採用銘柄のリバランス行う時は売却OK
  • 運用は最大10銘柄まで
  • 資産運用のメインはあくまでもインデックス。個別株10銘柄は全資産の10%まで

といったのルールを基本にして運用したいと思っています。

2年以内には株価が大きく上がってくれる事を期待して投資しています。

今回2021年に勝負する銘柄はアメリカ株の一次情報を提供してくれるモトリーフールのサイトを参考にして決めています。

私のモトリーフールの利用方法

モトリーフールは本社がアメリカにある株式の情報サイトです。

日本版のサイトでは主に以下の記事が毎日更新されています。

  • モトリーフールアメリカ本社に投稿されたアメリカ株に関する記事
  • 日本人の米国株ライターによるアメリカ株に関する記事(時々アメリカ株以外もあり)
  • スペシャルフリーレポート(メールアドレスを登録だけの無料レポート)

最近では楽天証券を始めとしたネット証券会社でもモトリーフールの投稿を扱っています。

私はこのサイトを新聞を読む感覚で毎日見ています。記事は全て無料でみれますが、一部の記事はスペシャルフリーレポートとしてメールアドレスの登録が必要です。メルアドだけで登録できるので個人情報が流出しにくいですし、Gmailなどの無料メールアドレスでの登録でも良いと思います。スペシャルフリーレポートの記事内容は素晴らしいです。

また、メールマガジン登録しておくと1週間に1回まとめ記事のメールを受け取れます。

ここからが私の銘柄選定の際の利用方法ですが、

私はサイト内の記事を読んで気になる銘柄を見つけると記事の最初にある以下の様なティッカーシンボルのタグを押します。

画像引用先:モトリーフール公式HP

例えば一番右のCRWDはクラウドストライクの事です。このタグを押すと、クラウドストライクの投稿記事が時系列で沢山出てきます。

私はそれを過去から読み漁っていきます。

そうする事で

  • 決算の様子や業績の伸び
  • 事業の変化や進歩
  • ライバル企業の出現
  • トレンドが続いているか

といった事を確認できます。

読んでもよくわからない事業の場合には投資しません。

その他WSJや四季報で財務の確認も行ったりしますが、私の場合基本的には事業のトレンドを大事にしています。

こんな感じでモトリーフールを利用しています。公式HPは下のリンクから覗けます。

米国株に興味のある方には是非お勧めですよ!

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました