聖護院かぶと言えば千枚漬。切るだけ調理で出来る本格派レシピ

菜園料理

こんにちは ねこの静六です。

聖護院かぶと言えば千枚漬

千枚漬と言えば京都の大安や西利といった老舗が有名で美味しいですよね。

今回は貸農園で収穫した聖護院かぶでも作ってみたいと思いチャレンジしました。とても美味しくできたので紹介したいと思います。

千枚漬の材料

千枚漬の材料
  • 聖護院かぶ 500g(聖護院かぶの半分程度)
  • 塩 小さじ1(あれば粗塩)
  • 砂糖 大さじ2
  • 酢 50㏄
  • 昆布 10cm位
  • 鷹の爪 1本

お好みでゆずの皮を適量使うと香りが良くて美味しいです。

千枚漬のレシピ

千枚漬のレシピ
  • かぶの皮をむき、包丁で薄くスライスする。
  • 昆布は2cm角に切る
  • ①に粗塩をまぶし、30分程度置く
  • ③を手でしぼり、水気をきってからチャック付きの袋に入れる
  • ④に昆布を株の間にはさむように入れる
  • ⑤に砂糖と酢と鷹の爪を加える
    冷蔵庫で一晩以上寝かして完成!二晩目位が美味しいです。

千枚漬の調理は切るだけなのでとても簡単!

千枚漬は調理も簡単で誰でも作れると思います。かぶは薬膳としては体を温めると共にのぼせや消化不良を目的に使用されます。

かぶの薬膳としての特徴
  • 性質:温 (熱・温・平・涼・寒の5段階)
  • 体に効く場所:心・肺・脾
  • 働き:上がった気を降ろす、身体を温める、消化を助ける
  • 利用目的:消化不良、吐き気、のぼせ、いらいら

自分で作った千枚漬はまた格別に美味しいですよ!是非チャレンジしてみてくださいね!

今日もありがとうございました。

今回使用した種です。甘みがあり、千枚漬、煮物、ポタージュなど色々使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました