農薬の知識。野菜の殺虫剤GFオルトラン粒剤はジェネリックの使用も検討しよう!

農薬農薬の知識

こんにちは ねこの静六です

今日は野菜・植物の有名殺虫剤オルトランのジェネリックについて書きたいと思います。

GFオルトラン粒剤とは?

オルトランの特徴
  • 成分名・系統
    成分名:アセフェート
    系統:有機リン系
  • 性状
    類白色細粒で独特の匂いがある
  • 特徴
    浸透移行性をもつ薬剤
    効果の持続時間が長い
    水に簡単に溶ける

    吸汁性害虫(アブラムシ等)及び食害性害虫(ヨトウムシ、アオムシ、ネキリムシ、コガネムシ類の幼虫)など多くの害虫に効果あり

    私の使用感ではハダニとカイガラムシ以外の害虫にはほとんど効果があるといった印象です。その代わり使いすぎるとハダニ、カイガラムシが増える印象があります。

    適用作物については使えない作物も多い。

    ほうれん草、ゴーヤ、ミニトマト、シュンギク、エンドウ、ソラマメなど使用できない人気野菜も結構あります。適用作物はしっかり確認しましょう。

上記のような特徴があります。

とても切れ味のある農薬です。GFオルトラン粒剤に適用のある作物(なす、ピーマン、キュウリ等)を作る場合には農家のとても強い味方になっています。

私自身はガーデニングの植物に害虫が発生した時にはGFオルトラン粒剤を使用しています。

私は野菜を育てる場合には適用がとても広いアルバリンを使用します。アオムシ等のイモムシ系にはGFオルトラン粒剤よりも効果が劣ります。

GFオルトラン粒剤のジェネリックはコメリで販売されている。

GFオルトラン粒剤(住友化学園芸)のジェネリックとしてスミフェート粒剤(住友化学グループ・レインボー薬品)が販売されています。

GFオルトラン粒剤650gが875円がネットの最安値で販売されていました。

スミフェート粒剤800gはコメリでは598円で販売されています。

コメリには沢山スミフェートが置かれていました。800g以外にも3Kgの包装の商品も置いていました。

GFオルトラン粒剤をご使用されている方は、スミフェートに変えるとコストはかなり安く済むと思います。

農薬は適時適量使用する事で病害虫を防ぎ健康な野菜を作れます。有機栽培で全くの無農薬で育てる事も良いと思います。でも私は子供がインフルエンザにかからないようにワクチンをうったり、風邪をひいたら薬を飲んだりするように、環境にも配慮しながら最低限の治療・予防を行いたいと考えています。

今日もありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました