家庭菜園で九条ネギを栽培。秋から春まで収穫できるコスパ最強野菜です。

九条ネギ野菜の育て方

こんにちは ねこの静六です。

まだ日中は暑いですが、朝・夕は少しだけ涼しくなりました。これから野菜を育てるのにまた良い時期になります。今日は九条ネギを植付けしました。ネギは主役になる事は少ないですが料理には欠かせない野菜です。ちょっと育ててあるだけで好きな時に使え、少し贅沢な気持ちになります。九条ネギの特徴と今回の植付けについて以下に書いてみました。

九条ネギの基礎情報

  • 科名属名:ヒガンバナ科ネギ属
  • 生育適温:20℃~25℃
  • 日照:日向
  • 種を蒔く時期:3月~4月、7月~9月(ホームセンターに苗が安く売っているので苗から育てるのが簡単です)
  • 土壌:酸性土壌を嫌う
  • 水やり:芽が出るまでは水を枯らさず、芽が出たら地植えなら水は不要。プランターの場合は土が乾いたら水をあげる。
  • 収穫:丈が30~40cmになったら株元から3cm位で刈り取ると再度伸びてくる。夏・秋蒔きは3月ごろまで収穫可能
  • その他:土寄せは不要

注意したい主な害虫・病気、準備した農薬

主な病害虫

  • アブラムシ
  • アザミウマ
  • ネキリムシ
  • ヨトウムシ
  • さび病
  • べと病
  • 白絹病

害虫用農薬

準備した農薬はアルバリンとベニカ水溶剤です。今回は農薬を使用せずにスタートしました。ダイアジノン粒剤5はプランターであればあまり必要無いと思いますが、地植えの場合はコガネムシ対策や他の作物でもかなり使えるので用意しておくと安心です。


アルバリンの有効成分ジノテフランは魚類・鳥類・天敵などに安全性が高く、天敵が減ることによるハダニの増加も心配ありません。他有名メーカーのジノテフランの製品と比較するとかなり安いですし、匂いも無いので私は気に入って使っています。


野菜・果樹・花など幅広い植物に使用できるので気に入っています。有効成分はクロチアニジンで、クロチアニジン入りの既成スプレー剤なども販売していますが、少し広く使用する場合はベニカ水溶剤の方がかなりコストパフォーマンスが良いです。

ダイアジノン5.0%は有効成分(2-イソプロピルー4-メチルピリミジルー6)-ジエチルチオホスフェートでネキリムシ、ハムシ、コオロギ、タネバエ、ケラ、コガネムシなどの害虫に速効的で、60種以上の作物群にも適用があり幅広く使えます。

ネキリムシに対しては有効成分がペルメトリンの製剤よりも対応できる作物や害虫の種類が多いので、これ一つでかなり効率よく家庭菜園、農園で野菜作りが出来ます。

殺菌剤

冬場は病気が発生しにくいので、ベと病・疫病用GFワイドヒッター顆粒水和剤は様子見て購入します。


べと病・疫病などの適応がある殺菌剤でベンチアバリカルブイソプロピルと、TPNを配合されています。ネギ・トマト・きゅうり・なす・白菜その他にも適応が多く使いやすい薬剤です。

展着剤


植物の葉っぱにはワックス成分のようなものがついているため、単純に水分を吹きかけてもはじいてしまいます。そのため界面活性剤の入った展着剤をベニカ顆粒やGFワイドヒッターに混ぜて使います。スプレーボトルに入って販売している液体の農薬は界面活性剤が入っているので通常展着剤は不要です。広めの家庭菜園をする場合には農薬単体と展着剤を別々に購入した方がコストはかなり安くつきます。

農薬は説明書をよく読んで使用しましょう!

栽培方法

今回はプランター栽培を行いました。まず以前トマトを植えていた土に苦土石灰を1㎡辺り100g位の割合で散布し、プランターの大きさを考え、肥料マイガーデンを16g程度混ぜこみました。

九条ネギの苗を購入したので葉の部分を切って、株間は3cm程とって植えています。早ければ2週間位から収穫始められると書いてありました。

追肥は2週間~に1回液体肥料をあげています。

九条ネギ
2020年8月30日撮影。購入した九条ネギの苗です。
2020年8月30日撮影。こんな感じで植えつけました。

2週間程度でもう収穫出来るくらい大きくなった!早い!

植付けて2週間経っていないのですがもうすっかり大きくなりました。これから来年初夏の休眠期まで摘み取り収穫で楽しみたいと思います。

2020年9月10日撮影。

摘み取りで収穫を続けても株はどんどん成長して立派になります。

もう何回摘み取り収穫したかわかりません。摘み取っても株がずいぶんと大きくなりました。自宅用だけならこの量で充分です。手間もかからずとてもコストパフォーマンスが良いです。

九条ネギ
2021年3月4日撮影。株がとても立派になりました。休眠期に掘り返すのが楽しみです。
九条ネギ球根
2021年6月3日。九条ネギの地上部が枯れてきたので掘り返しました。球根の数が植えつけ時の5倍位に増えました。乾燥させて8月頃まで風通しの良い場所で保管してまた植えつけます。

今回使用した肥料マイガーデンは

  • 約1年間効果が続く
  • 肥料焼けしない
  • 土の活力源:腐植酸+有機質入り
  • 肥料の匂いが無い
  • 元肥にも追肥にも使える

といった特徴があります。自宅でのプランター栽培では特に気に入って使っています。


少しあると嬉しい九条ネギ、欲しい時にハサミでチョキンと簡単に使え、とても家庭の食卓に役立ってくれます。家庭菜園で簡単に作れるすすめ野菜です!

今日もありがとうございました。

今までに育てた菜園野菜です。是非覗いてみて下さいね!

五十音順で並び替えも出来ます。

ブログ内菜園野菜と種まき時期一覧表

リンク先に各野菜の栽培方法・病害虫について書いています。是非覗いてみて下さいね!
〈種まき・球根植付け時期は〇〉〈苗の植付け時期は🔶〉
五十音順で並び替えも出来ます
作物名1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
エンドウ〇🔶🔶
オカワカメ
オクラ〇🔶🔶
カブ(聖護院カブ)
キュウリ〇🔶〇🔶〇🔶🔶🔶
茎ブロッコリー(スティックセニョーラ)〇🔶〇🔶〇🔶〇🔶〇🔶〇🔶🔶🔶
コールラビ
ゴーヤ🔶🔶
サトイモ
シュンギク(春菊)
ダイコン(大根)
チンゲン菜
トマト・ミニトマト〇🔶🔶
ニンジン(人参)
ネギ(九条ネギ)
パセリ
ピーマン🔶🔶🔶
ホウレン草
ミツバ
ヤマイモ(自然薯)、ムカゴ(零余子)
ラッキョウ
ルッコラ(ロケット)
ローズマリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました